紀州のドンファンが面白い

さくっと読める内容だけれども、ビジネス書としても秀逸だった。

凡人も一点だけを追求し続けると非凡になるのだなと感じた。